仮想通貨の使い道の紹介【投資以外にもあるの?】

5年前のゆう
5年前のゆう

仮想通貨って投資のイメージが強いけど

それ以外は何に使えるの?

仮想通貨は投資のイメージが強いですよね?

私も投資のイメージしかなく、それ以外の使い道を調べたら面白かったので

ご紹介したいと思います。

この記事は下記の方にオススメです!

・仮想通貨に興味がある方
・仮想通貨って投資のイメージしかない方
・ビットコインやアルトコインを購入してみたい方

仮想通貨は大きく2つに別れる

ビットコイン

ビットコイン(Bitcoin)

仮想通貨の中心である、最も仮想通貨で有名なコインですよね。

特徴

2009年1月にサトシ・ナカモトが考案した通貨でありますが、実在するかは不明。

2020年12月時点で、およそ1652万枚のBTCが流通している。総量は2100万BTC

ビットコイン以外のイーサリアムやリップルなどその他の通貨はビットコインをベースにするほど優れた通貨である

アルトコイン

アルトコイン(Altcoin)

Alternative Coin(代替コイン)の略になります。

イーサリアムやリップル、リスクなどの仮装通貨も有名です。これらのビットコイン以外をアルトコインと言われます。

特徴

ビットコインの弱みを克服した、優れた性能を持つ通貨などがある。

基本ベースはビットコインと構造は変わらない

2021年の時点で1,500種類以上の仮想通貨が存在する

仮想通貨の投資・決済・送金・プログラミングに使用できる

投資・資産運用

仮想通貨の一番イメージがつきやすい所かと思います。

その中でも「ビットコイン」が最も有名で時価総額が一番高い通貨です。

その次に有名な仮想通貨は

「イーサリアム」です。プログラミングを組むことができる通貨になるため、NFTや仮想空間で重宝されています。

仮想通貨は誰でも簡単に購入することができます。

購入するには口座開設が必要です。

口座開設のオススメは以下になります。

口座開設にオススメ

・bitFlyer(ビットフライヤー)
・Coincheck(コインチェック)

これから始めようとしている人や、少しでも興味がある人は口座開設だけ先に済ましておくことをオススメします。

申請して口座開設するまで結構な時間が掛かるため、価格が落ちた段階で買いたいのに開設していなかったら価格が上昇してから購入になってしまうこともあるので

支払い・決算に使える

仮想通貨は日本でも既に支払い方法に取り入れている所があります。

現在扱っている箇所

・CAMPFIRE(クラウドファンディング)

・ビックカメラ

・コジマ

・H.I.S(新宿本社営業所(15店舗)、渋谷本店(3店舗)、銀座本店(6店舗)、丸の内本店(3店舗)、池袋本店(2店舗)、Hawaii新宿三丁目(2店舗)、銀座コア営業所、六本木営業所、H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando営業所(5店舗)のみ)

店舗支払い以外にも公共料金をビットコインで支払いが可能な所もあります。

最近ニュースでもやるようになった、NFTメタバースは仮想通貨で取引されています。

仮想通貨での支払い

メリット
・携帯一つで支払いができる
・海外での支払いで為替を気にしなくていい
・ビットコイン自体の価格が上がれば投資益で購入できる

◆デメリット
・仮想通貨を利用するには口座開設が必要
・取扱い店舗が少ない
・ビットコイン自体の価値が下がる可能性がある

最近では、あるクレジットカードで決算したらポイントではなくビットコインが付与されたりするようなカードが出てきていますよ。

海外への送金が簡単にできる

通常の貨幣などは別の口座にお金を送金する場合は金融機関を介すため、送金手数料や送金手続きに日数がかかりますが、そのロスをクリアしているのが仮想通貨の大きな所でもあります。

仮想通貨の送金

メリット
・送り主から受取人まで数時間で送金が完了する
・世界中のどこに居ても為替は気にしなくていい
・送金手数料が安い
・偽造や改ざんなどがほとんど無く安心

◆デメリット
・価値が保証されていない
・ネットに繋がっていないとできない
・ハッキングのリスクがある

アプリ開発に使える

仮想通貨には情報を組み込めることができます。

その技術を使ってビジネスに応用できたりします!

身近な所で例えると

NFTの場合

販売している作品を購入すると購入者の情報が仮想通貨にインプットされます。

その為、データ作品であっても所有者が明確になり

購入者以外が使用してもニセモノと直ぐに分かります。

且つ過去の情報も履歴として残るため、NFT以外にもセキュリティーが必要な物に使用することできます。

仮想通貨は物の売買以外にも、ビジネスやシステム構築にも使用できる幅広い可能性があります。

最後に

最後まで読んで頂きありがとうございました。

今回は仮想通貨の使い道について紹介させていただきました。

ただまず前提としては仮想通貨を所持する必要があります。

最後に仮想通貨の入手方法を記載して終わらさせていただきますね!

仮想通貨の入手方法

販売所で購入

多くに仮想通貨を所有している人は販売所からの購入になるかと思います。

私自身もこの方法が一番お勧めです。

購入先でも以下の2社がオススメです!

ビットフライヤー

最低1円から積立てができます!

取引所の手数料は無料!

ビットコインの取引量が国内取引所の中でトップクラス!✨

(スプレッドは掛かります)

コインチェック

銀行口座から直接、自動積立したい方はコインチェックがオススメ!

最低1万円から積立可能です。

扱うコインが17種類と多く、取引所手数料が無料です✨

(スプレッドは掛かります)

マイニングによる報酬

マイニングとは仮想通貨はブロックチェーン技術によって成り立っているため、ネットのみで管理されています。

膨大な計算することで仮想通貨は生まれるため、計算に必要な容量を個人のパソコンから借りて採掘します。

その御礼として、報酬がもらえます。

ただし通常のパソコンではスペックが足りないため、あまりオススメしません。

キャンペーンなどによる受け取り

ネットの広告などを見ていると、

・今入会するとビットコイン○円分プレゼント!

・株主優待券で仮想通貨〇千円分返礼

・クレジット決算によるビットコインでの還元

最近ではポイ活のビットコイン版が出ており、今なら登録で100円相当のビットコインが貰えます!

【初心者のオススメ】投資資金なしでビットコインを貯めれるアプリを紹介!